モテ男の話し方

モテ男の話し方

モテ男話し方をパターン化してみるといろいろな話し方をしていることがわかります。

 

 

いくつか例をあげてみますと、

 

  • 女の子の服装やアクセサリー、ネイル、髪型、性格を褒める
  •  

  • 基本、ただの雑談の際は、笑顔で会話する
  •  

  • 女の子の話には共感する(否定しない)
  •  

  • 女の子が真面目な話をしだしたら、真剣に聞く
  •  

  • 女の子が悩みや相談事、愚痴を言い出したら真剣に聞く
  •  

  • ときには冗談を言って笑いをとる
  •  

  • 自分の失敗話をして自分の欠点をさらけ出す

 

このようにいろいろなパターンで女の子と会話します。

 

ただ適当にしゃべっているわけではないのです。

 

自分(男)のペースで話すのではなく、目の前にいる女の子のペースに合わせるのですね。

 

 

 

そうすることで女心をがっちりつかむことができるのです。

自分の話ばかりしてはだめ

 

男の中には自分の話ばかりして女の子が飽きる話し方をする人がいます。

 

自分を知ってもらおうとアピールしたい気持ちはわかりますが、【女性と会話する時の注意点】でも書きましたが、会話のメインは女の子にした方が女の子も飽きずに会話を続けることができます。

 

 

 

よくある悪い例としては、自慢話をする男です。

 

自分を褒めてほしい、認めてほしい、偉い、すごい、ということを好きな女にアピールしたくて過去の自慢話をする人がいますが、男の自慢話を聞かされて楽しいと思う女はほぼいません。

 

 

「へー、そうなんだ・・・。だから何?」

 

 

ってなもんです。

 

女心としては、興味のないことを話されても退屈なだけなのです。

 

 

 

女の子と会話する時は、”7割女の子の話、3割自分の話”くらいにして女の子にできるだけ多くしゃべらせるようにしましょう!

 

 

 

 

 

 

 

モテ男が女の子とおしゃべりする時は、ただ適当にだらだらとしゃべっているわけではなく、目の前の女の子の気持ちを考えながら、察しながら会話しています。

 

それは女の子の態度や表情、話し方などから情報を得て、「今、彼女がどんな気持ちか?」ということを判断しているのです。

 

 

 

一番よいのはもちろん女の子が楽しんでいるときです。

 

女の子に笑顔が多く、テンションが高め、会話が盛り上がっている時は、今の会話の仕方で問題ないと判断します。

 

 

反対に、女の子に笑顔がなく、つまらなそう、テンション低め、退屈そうな態度だと会話が盛り上がっていないと判断し、別の話題に変えたりします。

 

そうやって女の子が食いつきそうな、興味をもつ話題を探るのです。

 

 

 

モテ男になるには女の子を楽しませることが大切です。

 

女心をつかむモテ男の会話のパターンを修得して、ぜひチャレンジしてみてくださいね!

スポンサーリンク


モテ男の話し方関連エントリー