バレンタインでの逆チョコの渡し方

バレンタインでの逆チョコの渡し方

バレンタインでの逆チョコ渡し方ってわかりますか?

 

逆チョコとは、バレンタインの2月14日に女性から好きな男性にチョコを渡すのではなく、男性から好きな女性へチョコを渡すことを意味します。

 

チョコレートを作るお菓子会社の販売戦略です。

 

あなたはこのバレンタインの逆チョコにのりますか?

 

 

世間の意見は様々です。

 

男性の意見では、あまり賛成していない人が多いようです。

 

逆チョコが日本に浸透したら悲しい・・・、女の子の手作りチョコが食べられなくなるから嫌!逆チョコをするならホワイトデーを廃止しろ!という人もいれば、逆チョコOK!俺、彼女にチョコ渡す!と熱くなっている人もいるようです。

 

アメリカでは、ホワイドデーはなく、バレンタインに男女関係なくプレゼントを渡すそうな。

 

バレンタインに女性から好きな男性へチョコを告白しながら渡す渡し方は日本独自のものです。

 

 

ちなみに、ホワイトデーは、男性に彼女へブランド品やケーキ、クッキー、マシュマロ、ギャンディーを送らせて売り上げをあげよう!という販売戦略でできたものです。

 

バレンタインでの逆チョコの渡し方は、特にチョコでなくてもよいようです。

 

小さなチョコと一緒にプレゼントを渡すという手も女の子が喜びます。

 

それに手紙があるともっと嬉しいでしょう♪

 

女の子を喜ばせるサプライズがあると思い出に残るバレンタインになりますね!

 

アンケートでは、女性はバレンタインに逆チョコをもらって嬉しい!という回答が多かったそうです。

 

女性心理としては、もらえるものならもらいたい!という気持ちでしょうか?^^;

 

でも、欲ばってブランド品やジュエリーがほしいなど追加要求されないように気をつけてくださいね。

 

また、逆チョコしたのに、ホワイトデーもちょーだい!なんて言われると二重の出費ですからね。^^;

 

これもお菓子会社の策略ですね。気をつけましょう。

 

あなたは逆チョコをあげて、好きな彼女をゲットしますか?^^

スポンサーリンク


バレンタインでの逆チョコの渡し方関連エントリー