女心を動かす態度とは

女心を動かす態度とは

女心動かす態度というのがあります。

 

 

 

いろいろな態度がありますが、今回ご紹介したいのは、”親身になってサポートする”という態度です。

 

 

 

女性も人間ですから、病気になったり、体調が悪くなったり、悩みがあったりすることありますよね?

 

 

 

そんな時に、どれだけ彼女の立場になって親身になってサポートしてあげられるか?

 

 

 

この時の男のサポートの度合いが深ければ深いほど、女心が動き、好きになるのです。

 

 

 

では、実際に男のどういう態度に女心は動かされるのか説明しましょう!

 

熱意に惚れる女心

 

女性は、愛情の深さを熱意で計るところがあります。

 

 

 

恋愛心理でいう熱意とは、「どれだけ女性のことを愛して守れるか?サポートできるか?大切にできるか?」です。

 

 

 

女性心理では、見捨てられたり、雑に扱われたり、ポイされたりするのが嫌だからです。

 

 

 

なので、ちょっとした誰でもできるような優しさやプレゼントくらいでは女心は動かないです。

 

 

 

遊ばれてポイされる女になりたくないから、( ; _ ; )

 

 

 

そのため、男の愛情の深さ(熱意)がわかるまで、本気になれないですし、好きにならないのです。

 

 

 

これは女性が男のすぐには好きにならない理由の1つでもあります。

 

 

 

 

なので、女心を動かすためには、あなたの彼女に対する愛情の深さ=熱意を見せる必要があるのです。

 

 

 

では、どうやって熱意を見せればよいでしょうか?

 

 

 

女性が弱っている時がチャンス

 

以前、『女性が惚れるタイミング』でも少し書きましたが、

 

 

 

あなたの熱意を見せるチャンスは、好きな人が弱っている時、病気になっている時、何かに悩んでいる時です。

 

 

 

よくあるのが、女性が何かの病気で入院し、そのお見舞いに男が足しげく通った結果、その男女が結婚した、という話です。

 

 

 

入院しているからといって時々顔を出すのではなく、頻繁に足を運んで顔をだす。

 

 

 

この態度に女心が動くのです。

 

 

 

病室でふたりだけの時間ができた、というのも女心が動くきっかけになるとは思いますが、病院に通う熱意(努力)があってのことです。

 

 

 

女心を動かすためには、こういう地道な態度を見せることが大切です。

 

 

 

他にも、

 

 

”女性の足に水虫ができたので、よい薬をネットで調べてたくさん買ってあげた”

 

 

とかでもよいです。

 

 

 

つまり、女心の中で、

 

 

「普通の男性は、ここまでしないよね?」

 

 

ってことをして態度で示すと女心は動くのです。

 

 

 

なので、ある程度の努力が必要ですし、時間もかかります。(彼女のために好きでやっているなら、”努力”という気持ちがなくてもできると思いますが)

 

 

 

女性に愛情の深さ、熱意を伝えるというのは、そういうことです。

 

 

 

そこまでしてやっと女心は、

 

 

「この人は、私がどんな状態になってもずっと一生愛し続けてくれる・・・(はず)」

 

 

と、本気で好きになるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女心を動かすのには、時間がかかります。

 

 

 

女性が異性を好きになるのに時間がかかるのはそのためです。

 

 

 

女心が動くのは、あなたの熱意が伝わった時です。

 

 

 

好きな女性をずっと遠くから見守り、弱った時は必要に応じて回復、復活するまでサポートしましょう!

スポンサーリンク


女心を動かす態度とは関連エントリー