子持ち女性を口説く方法 − 子供が小学生以下の場合

子持ち女性を口説く方法 − 子供が小学生以下の場合

離婚して小学生以下の子供がいる子持ち女性を好きになって口説きたい場合。

 

もしパーティーや人が集まる場所に一緒に子供を連れてくるなら、その女性にアプローチするよりも、まず子供と仲良くなるという方法があります。

 

 

というのも、バツイチ女性の心理としては、男に対してかなり慎重になっています。

「次の結婚(再婚)は、まだ考えられない」

 

「すぐに再婚すると世間体が気になる・・・」

 

「本当にこの人でいいのかしら・・・」

 

 

など、不安要素がたくさんあります。

 

 

その中の1つに「子供と仲良くやっていけるかしら・・・」というのもあります。

 

なので、女性へ先にアプローチしても不安要素から壁を作られ、なかなか心を開いてくれないこともあるので、まず彼女の子供と仲良くなることに力を入れると会って会話する回数も多くなり、自然と仲良くなることができます。

 

 

 

子供を楽しませるような遊び相手になりましょう!

 

 

 

子供と仲良く遊ぶことができれば、小学生以下の子供なら「またあのお兄ちゃんと遊びたい!」「あのお兄ちゃんとは、今度いつ会えるの?」と子供からおねだりしてきます。

 

そうなれば、女性と会う回数も増えますし、「子供と仲良くできる人なら悪い人じゃないはず・・・」と信頼を得られるようになります。

 

 

子供のお父さんとしてふさわしい人と思われることが、子持ち女性を口説くコツです。

 

 

 

 

 

 

今回『子供が小学生以下の場合』と限定したのは、小学生以下の子供(できれば幼稚園児〜小学校低学年)の方が、純粋に遊び相手になることで楽しんでくれるからです。

 

 

子供と会う場所によって遊び方も限られると思いますが、

 

手遊び、トランプ、あやとり、ボードゲーム、ボール遊び、鬼ごっこなど。

 

 

これらの遊びを一緒にすることで小さい子供は楽しんでくれます。

 

 

 

でも、中学生や高校生となると思春期に入りますし、いろいろと考えるようになります。

 

男の子や女の子でも接し方が違い、難しくなります。(^_^;)

 

お母さんの再婚に賛成の子もいれば、反対の子もいます。

 

ただ遊び相手になればよいというわけにはいかなくなるので、中学生や高校生の子供がいる女性に対しては、また別の方法でのアプローチが必要になるというわけです。

 

 

 

 

小学生以下の子供がいる女性を口説く場合は、まず子供と仲良くなることが女性を口説くための近道です。

 

子供と会う機会があれば、積極的にからんでいきましょう!

 

もちろんパパになるつもりで。(^_^;)

 

 

子供から「パパ!」と呼ばれるようにがんばってくださいね☆

スポンサーリンク


子持ち女性を口説く方法 − 子供が小学生以下の場合関連エントリー