下ネタトークでモテるコツ

下ネタトークでモテるコツ

下ネタトークはあまり推奨しませんが、モテる場合もあります。

 

どういう時に下ネタトークがよいかというとギリギリのラインを攻めた時です。

 

あまりにもリアルな下ネタ話をすると女心は引きます。

 

でも、薄い、下ネタの入口くらいな話題だと女の子も盛り上がってくれるのです。

 

例えば、

 

「俺は女の子の鎖骨が好きなんだよね〜」

 

「今日ここに来る時、すごく胸が大きい女の子がいたよ!」

 

「俺はお尻がキュッと締まっている人が好き♪」

 

これくらいの話題です。

 

これって下ネタと言えるのかどうかも少し微妙な話題だと思います。

 

ニュアンスのとり方も個人差があると思いますが、女の子の体のことを言うのは、下ネタヨリという判断です。

 

でもそんなにエグイ下ネタではないと思います。

 

このくらいのラインを攻めるというわけです。

 

このラインを攻めるメリットはいくつかあります。

 

 

1.自分を落とす

 

普通は自分を落としたり、ダメな部分を見せるのは嫌ですよね?

 

どちらかというとかっこいい自分を見てほしい、褒めてほしい、と思うと思います。

 

好きな人の前では。

 

でもそこをあえて自分を落とす、ちょっと悪いところを見せることで、女の子に「この人、悪い人じゃないかも」と思わせることができます。

 

好感度を上げる効果がある、というわけです。

 

あまりリアルな下ネタを言うと好感度は下がってしまうので、ご注意ください。

 

微妙なラインを攻めるところがポイントです。

 

 

2.会話が盛り上がりやすい

 

こういうちょっとした下ネタは、会話が盛り上がりやすい傾向があります。

 

女の子のことを話題にしているので、女の子も意見が言えます。

 

つまり、つっこみが入るのです。

 

「えー、どこがいいの?意味わかんなーい♪」

 

みたいなつっこみが入るので、会話が盛り上がるのですね。

 

男の意見と女の意見が食い違うことで、会話が盛り上がるというわけです。

 

そうすることで、あなたと一緒にいると楽しい!と思わせることができ、モテるのです。

 

 

3.女の子が話題に入りやすい

 

先程の2.の”会話が盛り上がりやすい”と重複しますが、女の子が話題に入りやすい、とっつきやすいというメリットがあります。

 

女の子の体のことをネタにしているので、理解はできますし、飲み込みも早いです。

 

言いたいことをあまり考えることなく言えます。

 

だから、頭も疲れないし、その場の雰囲気を楽しめる、というわけです。

 

これがもし女の子が理解できない、難しい話だと・・・。

 

例えば、政治経済の話とか男の趣味の鉄道や将棋の話をしても女の子にはチンプンカンプンです。

 

それに比べれば、女の子の体の一部を話題にした下ネタは、女の子も会話に参加しやすいというわけです。

 

 

 

今回は、ギリギリのラインの下ネタはモテるというご紹介をしましたが、いかがでしたでしょうか?

 

コツは、何度も言いますが、”ギリギリのラインを攻める”ことです。

 

ここを間違うと軽蔑されてしまうので、お気をつけください。^^;

 

また若干のリスクがあるので、もしする場合は相手の女の子の性格や考え方なども微妙に判断した上で行動してみてくださいね!

 

検討を祈ります〜(^o^)ノ

スポンサーリンク


下ネタトークでモテるコツ関連エントリー